お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

検索フォーム

南京侵華日本軍被害者援助協会について

      南京大虐殺の生存者は、侵華日本軍南京大虐殺歴史の被害者であり、南京大虐殺の歴史の有力な証人である。長年にわたり、南京大虐殺の生存者は自らの被害経験をもって、歴史の真相を伝え、史実を尊重するために重要な貢献をした。2004年8月、南京大虐殺の生存者に関心を持ち、助け合いの環境を創造し、援助を必要する生存者たちに生活上の支援と精神的な癒しを与えるために、侵華日本軍南京大虐殺遭難者同胞記念館(以下「記念   館」)と、いまは亡き江蘇省第七回人民代表常務委員会元副主任、南京大虐殺生存者の秦傑氏...

支援活動

南京大虐殺遭難者遺族慰霊祭が行われた

最後の100名の生存者のために、映像を残す

今日100名南京のボランティアが南京大虐殺生存者を慰問

幸存者証言

夏淑琴

夏淑琴证言

  “我和妹妹是被人从死人窝里拣出来的两个孩子”   我叫夏淑琴,1929年5月出生在南京。日军进攻南京前,家里共有9口人。外祖父聂佐成(70多岁)、外祖母聂周氏(70多岁)、父亲夏庭恩(40多岁)、母亲夏聂氏(30多岁)、大姐夏淑芳(16岁)、二姐夏淑兰(14岁...
お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館