お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

検索フォーム

南京大虐殺事件

1937年12月13日、日本軍が南京を占領した後、公然と国際条約を違反し、武器を放棄した中国人兵士と一般大衆を無差別に虐殺した。南京市の当時の三分の一の建築物が焼かれ破壊され、市内で起きた強姦、輪姦の暴行が二万件ほどあり、遭難者数が戦後南京審判戦犯軍事法廷の判決によると、30万以上に達している。古都南京は空前の災難に遭った。

  侵華日軍南京大屠殺遭難同胞紀念館は、鄧小平さんの支持の下で建立され、1985年8月15日に開館された。30年あまりの建設と発展を経て、世界的に有名な記念館となっている。

お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館