お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

検索フォーム

  米サンフランシスコ中心部にある海外抗日戦争記念館には、最近、新しい閲覧室が開設された。その閲覧室は記念館の3階にあり、「一人の力」と名付けられている。「これはアイリスの信念であり、彼女は生涯をかけて実践したことである」。アイリス・チャン氏の母、張盈盈氏はこのように話した。

  アイリス・チャン氏(1968-2004)は、欧米社会に南京大虐殺の真相を知らしめた作家である。1997年、彼女が英語で書いた著作『南京浩劫:忘れられた大虐殺』が出版され、欧米社会でセンセーションを巻き起こした。また彼女は、『ラーベの日記』の重要な発見者の一人でもある。

8月20日、海外抗日戦争記念館を見学する男性

お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館