お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

検索フォーム

侵華日本軍南京大虐殺同胞記念館が設立した「紫金草雷鋒ボランティア」は、「社会教育類、専門サービス類、補助管理類」の三つの範囲と、「解説、案内、文芸演出、翻訳?通訳、文物整理、生存者への慰問と支援、宣伝活動、救急医療、法務支援」の九つの部署を含んでいる。 

 

仕事の紹介:

 

1.解説

記念館のすべての陳列品の解説と対外宣伝活動に参与する。

 

2.案内

記念館にて見学者を案内し、秩序を維持し、問い合わせに対応する。

 

3.公益演出

記念館で多様な形のアトラクションを展開する。

 

4.翻訳?通訳

記念館の資料の翻訳、外国語での解説、会議の翻訳などの仕事を行う。

 

5.文物整理

南京大虐殺に関する史料の研究及び収集、証人と証拠の収集や整理などに参与する。

 

6.宣伝活動

新聞編集及びウィチャットの公式アカウントの宣伝、記念館の平和事業の宣伝に協力する。

 

7.救急サービス

救急免許を取得したボランティアは、見学者に救急サービスを提供する。

 

8.生存者への慰問と支援

生存者援助協会に協力して、生存者慰問、又は、生存者後世を集め、歴史を伝えていく活動に参加する。

 

お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館