お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

検索フォーム

参考にした素材

侵華戦争に関与した元日本軍軍医の山口誠太郎は、戦争に対する懺悔と反省の意から、戦後、南京の紫金山から紫金草の種を収集し、日本に持ち帰った。美しい紫金草は、中日両国と世界の和平を愛好する人々の心の中にある「平和の花」である。

商品の創意

紫金草柄フェルトのパソコン用鞄は、「紫金草」の絵柄をデザインに取り入れている。表地の灰色は、南京大虐殺事件の主題である悲しみを表現し、裏地の紫色は、紫金草の花の色で、重い主題の中にある平和の尊さを表している。

工芸の説明

紫金草柄フェルトのパソコン用鞄は、15寸サイズのウール製のフェルトに、レーザーで彫刻する方法を利用した。

お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館