お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

検索フォーム

 

参考にした素材

鼎は、国家政権の象徴であり、祭る時に重要な道具となる。2014年、中国全国人民代表大会常設委員会は、「国家公祭日」を設立し、鼎をもってその歴史的意義のある大事件を記念した。

商品の創意

国家公祭銅鼎のミニチュアは、2014年に作られた国家公祭鼎をモデルに、8:1の比率で縮小した。

工芸の説明

鼎は高さ205mm、横と縦は211mm、鋳銅の材質である。模型を作製し、噴砂、修飾、磨きなどの製造工程で作られる。その銅鼎に合わせて作られた木製ケースの表上には、国家公祭鼎の文様が刻まれ、金色の漆が塗られている。裏には160文字の国家公祭鼎銘文と記念館のマークが刻まれている。

 
お問合せ先 | 侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館